狂言堂

京都市の西、嵯峨の釈迦堂の名で親しまれている古刹「清凉寺」の境内で執り行われる「嵯峨大念佛狂言」は、国の重要無形民俗文化財に指定されている民俗芸能です。すべての役者が面をつけ、台詞がなく、身振り手振りだけで芝居が進行する点に大きな特徴があります。現在は、約二十番の演目が継承されています。
その歴史は古く、言い伝えでは鎌倉時代に融通念佛をひろめた円覚上人道御の創始とされています。歴史的な資料からみても、嵯峨大念佛狂言には室町時代(享禄2年[1529])の銘を持つ面が伝わっており、すでに500年近い歴史を有していると考えられます。この他にも、桃山時代の優秀な面打師であった喜兵衛の刻銘を持つ女面≪深井≫や、和宮降嫁の説得にあたった、宮中女官、高野房子の菩提を弔うために奉納された装束など、美術的にも宗教史的にも価値の高い数々の資料が伝わっています。

保存会からのお知らせ



嵯峨大念佛狂言保存会の公式Youtubeチャンネルを開設しました

嵯峨大念佛狂言保存会では、コロナ禍でも安全に狂言をご観賞いただき、数多くの皆様に狂言の魅力を知っていただくことを目的に、
この度、 公式のYoutubeチャンネルを開設いたしました。こちらのチャンネルでは、最新の公演の内容などを順次、配信してまいります。
また、4月10日・11日の公演当日には、当チャンネルにて、春季公演のライブ配信も予定しております。
ご興味をお持ちの方はぜひご登録下さいませ。


嵯峨大念佛狂言保存会 Youtube公式チャンネルはこちら





狂言堂修復後   狂言堂修復記念式典

嵯峨狂言堂修復寄付金のご協力ありがとうございました

明治34 年(1901)に現在地に移設された狂言堂は、京都府・市文化財保護課の指導による建物調査により、緊急の修復が必要と判断されました。
そして嵯峨狂言堂は文化庁からの着工許可が出された平成28 年11 月より工事に入り、平成30 年9 月末日に修復工事の完了を迎えることができました。
保存修復寄付金のご協力をいただいた皆様方や、保存修復工事に関わっていただきました皆様方に心より御礼申し上げます。



公演スケジュール

  • ダンス映像製作『あたごサン』に出演 新着情報









































    2021年6月23日(水)
    嵯峨大念佛狂言が出演しました「きたまり(振付師・ダンサー)」さん監督
    ダンス映像製作『あたごサン』の副音声による解説付き動画が
    配信されました。

     

    詳細はこちら「ロームシアター京都ウェブサイト」

    ※映像はYoutubeでもご覧いただけます。

     

    KYOTO PARK STAGE 2020 ダンス映像製作アクション!
    きたまり『あたごサン』
    監  督:きたまり
    出  演:小檜山一良、小西小三郎、野村香子、益田さち、松井銀司、
         クゥーちゃん、加納敬二、近藤奈央
    衣  装・着付:小西葉子
    所作指導:橘 隆仁
    題  字:小西小三郎
    撮  影・編集:川端将来、西本至則
    録  音:佐藤武紀 
    制  作:山﨑佳奈子(カンカラ社)
    協  力:嵯峨大念佛狂言保存会、清凉寺(嵯峨釈迦堂)、愛宕神社、京都市右京ふれあい文化会館
    主  催:文化庁、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会、
         公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団、京都市

    京都市右京区の北西部にそびえ、古より信仰の対象である愛宕山。 その裾野にある清凉寺の狂言堂で奉納されている「愛宕参り」のラストシーンで娘に釈迦が憑依して100年ぶりの参拝を求めます。釈迦の思いに承諾した旦那とその供を道連れに、その山上に鎮座する愛宕神社を目指して出かけます。 その道中に出会う京都の豊かな自然や歴史遺産を背景に巻き起こるできごと。 嵯峨狂言に伝わる演目「愛宕参り」「釈迦如来」「餓鬼相撲」のエッセンスを織り交ぜオリジナルストーリーをつむいだ、振付家・きたまりによる初監督ロードムービー。

  • 京の文化財体験教室 新着情報























    2021年7月31日(土)~9月18日(土)までの期間で開催される
    京都市の親子向け体験教室事業「京のまつりを体験してみよう」の中の、
    8月21日(土)開催の体験教室「念佛狂言をやってみよう」に
    嵯峨狂言が使われることになりました。

    <申込方法>
    公益財団法人 京都市文化観光資源保護財団ホームページより、
    住所・氏名・学年・電話番号・参加希望回等を記入の上、ご応募ください。
    事前申込制(先着順)。
    URL http://www.kyobunka.or.jp/

    対 象: 小学校3年生~6年生と保護者
    定 員: 親子50組(事前申込制・先着順)
    参加費: 無料

    <申込締切>

    2021年7月14日(水)まで

    ※ ※募集人数に達した場合は募集を締め切らせていただきます。
    ※個人情報保護法に基づき、応募に関わる個人情報の取り扱いについては十分留意します。

    ※清凉寺・嵯峨大念佛狂言ではチケットの取り扱いはしていません。
     お問い合わせもご遠慮下さい。

  • 京の三大念佛狂言公演
















    2021年6月20日(日)KYOTO伝統芸能フェスティバル2021 【終了しました】
    京都市右京ふれあい文化会館20周年記念事業
    『京の三大念佛狂言〜壬生・嵯峨・千本ゑんま堂〜』に出演。

    <日 時> 2021年6月20日(日) 午後1時開演

    【公演の各演目】
    ・壬生大念佛狂言  [ 賽の河原 ]
    ・嵯峨大念佛狂言  [ 釈迦如来 ]
    ・千本ゑんま堂大念佛狂言 [ 花盗人 ]

    【講 演】
    ・佛教大学歴史学部教授 八木 透氏による講演「京の大念仏狂言」


    ●6月21日(月)の京都新聞で当公演の記事が掲載されました。

    ●当公演に合わせて「京の三大念佛狂言」の冊子が完成しました。

  • 春季公演




























































    嵯峨釈迦堂(清凉寺)境内狂言堂 観覧無料 雨天決行 【終了しました】

    公演内容は、Youtubeの嵯峨大念佛狂言保存会【公式】チャンネルにて、
    ライブ配信も予定しております。

    *雨天決行ですが悪天候やコロナ情勢悪化などにより中止になることもあります。
    *今年度の春季公演では、コロナ対策として、各日、2 演目の公演とし、
     各演目との間に1 時間の休憩をはさみます。また、座席数の制限や消毒、
     マスク着用などのご協力をお願い致します。

    <公演日程・演目>
    ●2021年4月4日(日)

     13:30~14:30 [ 花盗人 ]
     14:30~15:30 休憩
     15:30~16:30 [ 土蜘蛛 ]

    ●2021年4月10日(土)
     13:30~14:30 [ 釈迦如来 ]
     14:30~15:30 休憩
     15:30~16:30 [ 船弁慶 ]

    ●2021年4月11日(日)
     13:30~14:30 [ 愛宕詣 ]
     14:30~15:30 休憩
     15:30~16:30 [ 餓鬼角力 ]

    ※Youtubeの「嵯峨大念佛狂言保存会【公式】チャンネル」で配信中です。
    「花盗人」4月4日(日)公演



    「土蜘蛛」4月4日(日)公演

  • 伝統行事・芸能功労者に選出 新着情報







    京都市伝統行事・芸能功労者に嵯峨大念佛狂言保存会から1名が
    選ばれ、2021年2月3日の京都新聞に記事が掲載されました。

嵯峨大念佛狂言の定期公演について

春(4月)と秋(10月)の定期公演と、清凉寺お松明式(3月)、渡月橋上流にて開催される嵐山もみじ祭(11月)などで公演を行っております。

演目のご紹介

清凉寺へのアクセス

 

狂言堂は清凉寺境内の西北にあります

  ■京都市営バス
  28系統・91系統 嵯峨釈迦堂前下車 西へ徒歩2分
  11系統・93系統 嵯峨小学校前下車 北へ徒歩3分
  ■京都バス
  61・62・71・72系統 嵯峨釈迦堂前下車 西へ徒歩2分
  83系統 嵯峨小学校前下車 北へ徒歩3分
  ■JR
  嵯峨野線(山陰本線) 嵯峨嵐山駅下車 北西へ徒歩15分
  ■京福電鉄
  嵐山線 嵐山駅下車 北へ徒歩15分